ウーマン

体がだるい

医者

症状には個人差がある

うつ病の症状は個人差がありますが、症状が現れたらすぐに専門医を受診すると安心です。うつ病は誰でもなる可能性がある病気です。中には自覚症状がなく何となくだるいのが続くという人もいます。専門医を受診する事に抵抗感のある人もいます。その場合は、インターネットなどを利用してちょっとしたうつ病チェックシートを活用してみるのも一つの方法です。チェックシートを使用してみて専門医を受診した方が良い場合は速やかに受診します。初めて受診する場合は、ハードルが高く感じますが、実際には受診しやすい環境の病院が多いです。特に大きな病院ではなく個人病院では、完全予約制で、一人に対しての時間もしっかりと確保し丁寧な診療を行っている病院もあります。うつ病は比較的薬がよく効く病気です。人によってはすぐに症状が改善される場合もあります。しかし再発しやすい特徴がありますので、主治医の指示に従って治療を継続していく必要があります。長期戦となるケースも少なくありません。焦らないで構えておく必要があります。うつ病と診断された際に処方される薬は様々です。症状の重症度に合わせて薬をコントロールしていきます。症状に合わせて処方されるので、必ずしも抗うつ剤が処方されるとは限りません。一番大切なことは現在の辛い症状を軽減されることです。その為、夜眠れないなどの症状が現れている場合は、しっかりと睡眠が確保できるような薬が処方されます。眠れない、食欲がないなどの症状が出るとうつ病を悪化させるだけでなく、日常生活に大きな支障を与えてしまいます。治療は医師とのカウンセリングを中心に薬物治療を進めていきます。受診する病院によって多少の治療方法の違いは生じます。またメンタル系の病は担当医との相性が治療を進める上で重要なポイントになりますので、慎重に選ぶ必要があります。うつ病の際に処方される薬の種類は非常に多いです。一般的に処方される薬が最初に選択されます。少し様子を見て明らかに改善が見られない場合は薬を変えていきます。体質など個人差がありますので、自分に合う薬を探していきます。